槍ヶ岳 北鎌尾根 DAY1

2020年の8月に予定していた槍ヶ岳・北鎌尾根。

初バリエーションということでロープワークやギアの使用方法など覚えることは山ほどあったが天候不順のため敢えなく延期に・・・

 

そして2021年8月。
再びチャンスが巡ってきた。

 

ただし日程は予備日入れて2泊3日。
実質的には1泊2日の結構ハードな行程なのだ。

 

出発は日曜日の店舗営業終了後の21:00。
月曜日の新穂高温泉4:10にタクシーを予約して上高地に送迎してもらう予定。

 

現地には2:00前には到着していたので軽く仮眠。
月曜日は行動時間が長い分、ここでしっかり寝れるかがポイントになる。

 

3:30に目覚ましかけて、朝食を食べながら準備をと思っていたが誰1人起きる事なくタクシーが到着、、、汗

 

慌てて起き出して準備が始まる。こういう時はだいたい何かを忘れる恐れがあるので一つづつ確認しながらパッキング。

 

運転手さんに車内で朝食を食べていいか許可をもらって乗車。
この時点でパラっと雨が降り出す。
車内では運転手さんと今回の行程の話や天候の話などで盛り上がる。
釜トンネルのゲートが開くのはAM5:00でその15分前には到着していた。

 

しばらく待って5:00にゲートが開いていよいよ上高地へ。

天候は回復というよりかはむしろ悪化、、、
途中で雨は止む予報だったので気にはしていませんでした。
現場はこんなんですが・・・

 

 

といって小康状態になるのを待つわけでもなく本日の目標地点へ向けて5:30に出発。※目的地は北鎌尾根、独標手前の天狗の腰掛け付近。


初日の距離、獲得標高は上記の通り。
行動時間は約13時間かかっています。

 

まずは横尾までの平坦なルートを行く。

7:40横尾
2時間くらいで来れた。
後半の登り返しの時間に余裕を持つとなるとここでしっかり時間短縮することが必須。

 

 

そして雨が止んだ。
3人がそれぞれ違う雨雲予報をチェックしてあーだこーだの情報交換は正確だったみたいだ笑

 

 

8:50槍沢ロッジ

ここでもしっかり時間短縮できた。

 

 

小屋スタッフの方に差し入れいただきました!
ありがとうございます!

 

 

10:00乗越沢分岐

ここまで良いペース。
ここから水俣乗越まで一気に登る。

 

メンバー3人とも少々眠いが天候が回復したことで元気度アップ⤴️
やっぱり景色が良いと気分もあがる。

11:00水俣乗越
途中 oka Mountainさんにロープを持ってもらう。(お互い協力して担ぐ作戦)

 

 

ここまでは一般登山道で問題なしでしたがここからバリエーションのはじまりなので再度集中して準備。行動食を食べてお腹を満たし、ハーネスやヘルメットを装着する。

 

ここから北鎌尾根を左手に眺めながら天上沢を下っていく。

乗越直下の斜度が急なのでそこを越せばあとは九十九折で道が付いていた。

 

ひたすら下る。

 

 

左手に北鎌尾根を眺めながら下るので景色は最高だ。

 

 

さらに下る。
次の分岐点となるのが北鎌沢への入り口。
標高で言うと約1,800m付近。

 

13:30北鎌沢出合
ようやく到着。足元が悪いので気を使いながらゆっくりと。
ここでタイムスケジュールより30分遅れる。

 

「水美味い!」とハルヒ氏。

 

天上沢は水飲み放題。
明日は稜線での水補給はできないのでどの辺で水を汲むかの判断も重要ポイント。
それぞれMax4ℓは入る容器を持参してきた。ここまでは1.5ℓくらいの消費。

 

1時間の休憩のあと、いよいよ本日の核心部分へ。

スタートから簡単な沢登りといった感じ。
途中左俣の分岐があるが右俣を直登。
ここを間違うと通称”北鎌ホイホイ”の餌食になる。
※実際は分岐が多いので全てにおいてルーファイは必須。

 

なかなかの急登に写真を撮る余裕もないが後ろを見渡せば東鎌尾根の絶景が広がる。

 

途中まで行けばコルを目印にしてあとはひたすら登るだけ。
道中草むらで滑落(少し)があったが大事には至らず。

 

流石の急登でした!

 

 

 

 

16:30北鎌のコル
ゼーハーゼーハーで何とか登りきりました。
上部まで水は出ていたので2/3地点くらいで給水しました。

 

 

 

 

17:00休憩を終えて出発。
本日の寝床まであとすこし。

 

尾根上は狭かったりするが、特にルートミスすることなく進めた。

 

途中景色の良い場所に抜けたのでしばし撮影会。

さすがプロカメラマン!
撮影してる時のオーラがハンパねぇw

 

 

 

 

手前が硫黄岳の稜線。
奥が水晶岳方面。
素晴らしい景色が広がっていました。

 

 

 

17:50 北鎌独標を視界にとらえた!
本日のゴールは目前。

 

 

今日の行程を振り返りながら歩く。
テント場まであと少し。

 

 

 

18:00 夕陽に導かれるように進む。

 

 

18:30 天狗の腰掛け付近到着。

ここで1日目が終了。
メンバーで記念撮影といきたい所だが、風もまぁまぁ強いし、暗いし、
各自休む暇もなくテントの設営スタート。(要は早く風を防ぎたい)

私はクロスオーバードームF(2G)
狭い稜線でも難なく張ることができた。飛ばされることがないようにスリングを木に結んでカラビナで固定。

 

 

その後、ファイントラックのツェルトに集合して皆でお酒で乾杯。
つまみやアルファ米を食べながら今日の振り返り。

 

 

1日でここまで来るのは大変でしたが目標通りの行程。
身体へのダメージは大きかったように思う。
寝不足もあったと思うが無理せず一般的な2泊3日の行程で計画するのをお勧めしたいと思います。

 

宴会後、テントに戻りすぐに濡れた靴を脱ぎ靴下を交換。
靴はインソールを出して飛ばされないようにしつつ風で乾かす作戦。

 

テント内では少し足の寒さを感じたのでテムレスを履くと一瞬であったまった。

 

テントに叩きつけるバサバサ、ビュービュー鳴る風の音を聞きながら就寝。
明日は4時起きの5時出発予定。
起きれるのか俺?w

 

 

 

Yosemite
147-3 Kuzumoto-Cho Kashihara-City Nara Japan 634-0007
Tel:0744-23-4730
Open:11:00~20:00
Close:Wednesday
mail:info@yosemite-store.com
web:http://yosemite-store.com
Facebook:https://www.facebook.com/yosemitestore
instagram:http://instagram.com/yosemite_store

西穂to槍 DAY3

DAY3

AM4:30起床。

すぐに窓際に寄って空を見るとそこには満天の星空が。

台風が接近しているとは思えない晴天で昨日までの疲れも癒やされた気がしました。

 

 

 

 

 

 

朝から雲海とご来光。今回の苦行が報われた瞬間でした。

 

 

 

モルゲンロート。

 

 

 

本日の目的地「槍ヶ岳」。

 

 

 

 

 


朝食はビバーグレーションのお茶漬けに塩こん部長を投入して塩分摂取。
さらに昨日、山小屋でパンを2個補給した内の1個をTrail Butterで。お供にコーヒーを。

 

 

本日最終日の工程。

北穂高岳山荘→大キレット→南岳→中岳→大喰岳→槍ヶ岳→飛騨乗越→右俣林道→新穂高温泉

総コースタイムは13時間20分。さてはてどうなることやら(汗)

 

 

 

 

スタートからA沢のコルまでは大体下りの激下り。。。

 

 

 

登ってるんではなく下ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は景色を見ながら行動できるので気持ちいい。

 

 

 

大キレットが近づいてきた。
今からあそこのどこらへん歩くんやろと興味津々。

 

 

 

 

飛騨泣き?

 

 

 

ここが核心?

 

 

 

 

それともここ?

 

 

 

 

案外足場探すのに苦戦したここ?

 

 

 

 

足の置き場が決まってるここなのか?

 

 

 

 

 

どんどん稜線が近づいて来てテンション↗
写真左側の頂きが長谷川ピークっぽい。

 

 

 

 

 

横から見ると結構な角度なんです。
降りるときはスイッチバックになってるんで怖くはないですが。

 

 

 

どうやらハシゴ、クサリが終了したっぽいので飛騨泣きは通過した模様。

 

 

 

 

A沢のコル到着前に沢筋に目をやると、所々にサル発見。
雷鳥襲わないでね。

 

 

 

 

AM6:30 A沢のコル
到着と同時にブロッケン現象!

 

 

 

 

こんな綺麗なブロッケン現象は初めてです。
ほんまカメラがあったら良かったのにな・・・

 

 

ここから登りに変わり、Hピーク方面に人の姿が見える。
よく見ると南岳方面から何グループか歩いてくるのが確認できた。

AM6:55長谷川ピーク

集中してると気が付かないで通り過ぎてしまいそうなHピークの印。
この時点でガスが発生して景色が見えなかったことが残念。思っていた以上に普通の登山道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬ガスに飲み込まれるかと思ったが・・・

 

 

 

 

 

すぐに晴れる!

 

 

 

 

 

ここから登りで連続するハシゴ。

 

 

 

 

テンション上がってる人。

 

 

 

 

 

北穂高岳を振り返って。

 

 

 

 

ルートが明確でハシゴも絶妙な場所に設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南岳小屋近くの獅子鼻岩?らしき所から北穂高岳をバックに。

難所を終わってから小屋までのトレイルが素晴らしかったのですが写真撮るの忘れてました。。。

 

 

 

 

AM8:00 南岳小屋。

これで今日の核心はすべて終了。
これまでの道のりをハイライトで振り返りながら小休止。

飛騨泣きの下り楽しかったねと言いつつも涸沢岳からの下りが1番スリルがあったなぁって。

まあ下りはどこも気を使うんですけど。

ラスト槍ヶ岳までは歩きやすい道ですが気を引き締め直して進みます。

 

AM8:30 南岳。

 

 

 

 

 

槍が近づいてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM9:15 中岳通過。
平坦で気持ちの良い縦走路でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM9:44 大喰岳通過。

山頂広し、槍は目前。

 

 

 

 

 

目視で確認できるほどトレイルが明確。
飛騨乗越の分岐もわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AM10:00 飛騨乗越。
最高所の峠みたいですね。
JMTでは峠(PASS)を何個も越えて行きましたが大体3,000m以上だったので感覚としてすごく雰囲気が近いです。

 

 

 

 

 

 

AM10:06 山荘到着!
晴れてる槍ヶ岳はやっぱ最高ですね。

 

 

 

 

AM10:30 槍ヶ岳山頂。

山頂がいっぱいだったので足早に下山をしている途中の出来事。

 

学生の集団が前にいて下りは渋滞中。天候は安定しているし、あとは下山だけなので途中で座ったりして景色を見ながら下っていた。

 

と、その時、

「ラッッッーーーーーーーーーーク!!!!」

と頭上で叫ぶ声。

その一瞬、上を見上げた途端テニスボールくらいの大きさの石がまさに10m以内の範囲に飛んできているのを確認。

 

どっちに逃げるとか全くできず為す術もなく目で追うだけ。

 

そして石は地面でワンバウンドしてから同行者の腰付近に直撃。

 

幸いバウンドして衝撃が吸収されたから怪我もなく良かったものの直撃していたらと思うとぞっとする一瞬でした。

 

本来であれば石の動きを見て判断することが正しいことだと思いますが、場所によってはすぐに頭を守る行動をとらなければという判断の難しさを痛感する出来事でした。

 

落石は絶対に起こしてはいけないが何が起こるかわからないのが山なんで改めてヘルメットの大切さを感じる出来事でした。

 

 

 

 

気を取り直して昼ごはんはカレーで。
ここのカレーはめっちゃ好きだなー。

 

 

PM12:00前に山荘に別れを告げて下山開始。

最後に本来行く予定だった西鎌尾根、双六方面を眺めてました。

下山のコースタイムは6時間30分ですが少し小走りで下ると3時間30分ほどで終了しました。

 

 

途中、時間に余裕がでたので槍平小屋でかき氷。

 

 

 


PM16:00 最後は鍋平で足湯につかって終了です!

今回は判断に迷うことが多かったですが無事終えることができとても満足できる山行でした。次回は残り半周(双六岳~笠ヶ岳)を歩いてコンプリートしたいと思います。
同行してくれた岡本氏ありがとう!

 

 

あと書くのを忘れていたんですが、DAY2で発見した赤い物体のことを穂高岳山荘で店番の方に報告したんです。

私「天狗のコルから岐阜側の斜面に赤い物体が見えたのですが・・・」

山荘「あーあれね。天狗のコルでザックを置いて休憩中に落っことしたらしくてね。まだ回収できてないんだよ。」

私「そーだったんですね!それは安心しました!」と、その場を離れる私。

よくよく考えるとその方は手ぶらでそこからどうしたんでしょうか??

 

 

 

Yosemite 147-3 Kuzumoto-Cho Kashihara-City Nara Japan 634-0007
Tel:0744-23-4730
Open:11:00~20:00
Close:Wednesday

    

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。